ちょっと調べてみた

こんばんはSUGURUです☆

最近は甘いジュースを断って水をガブガブ飲んでおります。
良いか悪いかは別にして多い時で1日3リットル。
少ないときでも2リットルは飲んでおります。

一般的に水は硬水と軟水に分けられますが実際に何が違うのかは
詳しいところ何も知らなかったので調べてみました!

なになに・・・

水には主にカルシウムイオンとマグネシウムイオンが含まれていて、水1000ml中に溶けているカルシウムとマグネシウムの量を表わした数値を「硬度」といいます。WHO(世界保健機関)の基準では、硬度が120mg/l以下を「軟水」、120mg/l以上を「硬水」といいます。簡単にいうと、カルシウムとマグネシウムが比較的多く含まれる水が硬水になります。東京の水道水の硬度は60mg/l前後で軟水に、エビアンの硬度は304mg/lなので硬水になります。また、一般的には、硬度0~100mg/lを軟水、101~300mg/lを中硬水、301mg/l以上を硬水に分けられます。
見た目は同じですが、まろやかに感じたり重々しく感じたり、水にも風味があるのはこのため。成分の違いから、一般的に軟水は口当たりが軽く、硬水はマグネシウムが多いほどしっかりした飲みごたえを感じるようです。

エビアンのサイトから転載
http://www.evian.co.jp/water/type/04/

ほほ~、エビアンって硬水だったんですね!
コントレックスと比べてかなり柔らかい口当たりのイメージだったので
てっきり軟水かと思っておりました。

スーパーで見ると硬水は軟水に比べて少しお値段が張りますね。
コントレックスばかり飲んでおりましたが明日からはエビアンも飲もうと思います。

ではまた☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です